一緒に美味しいお米を作りませんか?

なぜ今、わざわざ自分の手で稲を植えるのか。

私の幼少期は田んぼは今よりももっともっと身近なものでした。田んぼのおたまじゃくしや、めだか、カブトエビを観察したり、畔で遊んで田んぼに落ちて怒られたり、子どもの遊び場としても最高のフィールドでした。今の子ども達にはそのような遊び場が少ないような気がします。

田植えから、草抜き、稲刈り、稲架かけをしたお米は、間違いなく格別な味わいです。

この米作り体験を通して何かに気づいたり、新たな発見があったり、忘れていた何かを思い出したり...そんな田んぼになりますように、一緒にお米を作りませんか?

【体験年間スケジュール】

5月中旬 田植え ー 6月~8月 草抜き ー 9月中旬 稲刈り、稲架かけ ー 10月上旬 脱穀、米乾燥機と新米収穫祭

【参加料】1区画: 10,000円  (1区画の面積: 100㎡、1区画約40キロ~収量見込み)

※苗、基本的な管理作業、カマの貸し出し、レクリエーション保険含む

※収穫量は、天候等の条件により変わります。その収穫量をお約束するものではありませんのであらかじめご了承ください。

【参加資格】基本的に年間を通して予定している体験全てに参加できる方

遠方にお住いの方や、「参加したいけど、一人じゃできるかどうか自信がない・・・」という方でも参加していただけるよう、別メニューをご用意していますので、ぜひお問い合わせください!お待ちしています〜!

【協力農家】富良野市山部 大石農園

【米の品種】2017年度は「ななつぼし」となりました〜!

【申し込み締め切り】5月14日(日)

※先着順。全区画(20区画)が埋まり次第、受付終了とさせていただきます。

【体験内容】年間に3回〜数回、参加者の方々の出番があります。

①田植え 1日

②草抜き (収穫量を上げるためにも1回以上は草抜きにお越しください。) 1~3回

③稲刈りと稲架かけ 1日

④脱穀 収穫祭 1日

【農薬、防除について】

田植え終了直後に除草剤1回と7月下旬のお米の花が咲く時期にカメムシ防除の1回を予定しています。みなさんの大切なお米を守るためご了承ください。

【各自 用意していただきたいもの】

汚れても良い服装、必要であれば田植え用長靴、必要であれば長手袋、タオル、日除けグッツ、サンスクリーン、虫除けスプレー、必要に応じて携帯食や飲み物など

【収穫祭について】

   大石農園の新米を食べながら美味しくお米が食べられるような事を企画中

日時: 10月初旬の脱穀の日を予定

※天候などによっては中止の場合もあります。時期が近づきましたら別途おしらせします。

【その他注意事項】

基本的に外での作業です。状況によっては天候状況が悪い中での作業の場合もございます。ご自身の体調管理など各自でお気をつけください。(無理はしない。風邪気味であるとか、熱中症など) また、田んぼには色々な昆虫や動物がいます。各自で対策をお願いします。(なるべく露出を避ける、虫除けスプレーなど)

また、収穫量はその年の気象条件などによって変動します。あらかじめご了承ください。

その他、ご質問等ご不明点がございましたら、事務局までお気軽にお問い合わせください。


【2017年度のお申し込みは全て受付を終了いたしました。】多数のお問い合わせいただきありがとうございました。

引き続きいろいろな企画を予定しております。情報提供をご希望の方は、ぜひ下記のフォームよりご連絡ください!】

情報提供ご希望の方はこちらから >>>> https://goo.gl/forms/BIw2QteW4hSIRADD3


【収穫したお米でお味噌を仕込んでみませか?】

ウレシパ◆フラノでは1月か2月に収穫したお米を麹にしてお味噌を仕込みます。ぜひ、こちらもご参加ください!詳細は、決まり次第ご案内いたします。

【体験に関するお問い合わせは・・・】

どうぞお気軽にお問い合わせください。(一週間経っても返信がない場合はお手数ですが、お電話でどうぞ(ウレシパ◆090-6261-9668)