ご夫婦で・・・ぶらり観て乗り E-bike電動自転車の旅

2017年08月17日

今回は、兵庫県からご夫婦でお申し込みいただきました、E-bikeツアー。山部エリアをご案内いたしました。今回は、ちょっと趣向を変え、「メロンの食べ放題」を目指して、さぁ出発です。

お泊まりのホテルから、空知川沿いの河川敷のサイクリングロードを行きます。河川敷に上がると少し目線が高くなりますので、富良野市内が見渡せます。右手には富良野スキー場が、左には十勝岳連峰を眺めつつ、のんびり漕いで行きます。

富良野は北海道のちょうど真ん中。人間でいうところのおへそにあたります。富良野小学校の校庭がちょうど地形的に真ん中であるとされています。その中心標をまずは目指します。子供達は音楽の授業中でしょうか、元気な歌声が聞こえてくる中、校庭に置かれている「北海へそ踊り」の張りぼてをバックにパチリ!

続いて、富良野開拓の父、中村千幹の銅像がある富良野市役所を通過しつつ、再び河川敷へ。さらに富良野スキー場の全貌が見えてきます。徐々に市街地の景色から畑作の景色へ。デントコーン、稲の風景が広がります。

いよいよ見えてきた、「メロン食べ放題」のファーム奥平さん。ファイターズメロンを作っていることでも有名なメロン農家さんです。

ここでもやはりメロンハウスを見学します。その農家さんごとに特徴があります。仕立て方、考え方、いろいろなお話が聞けるのも役得ですね〜

とうきびも旬を迎えています。「ゴールドラッシュ」生でも食べられる、とっても甘いとうもろこしです。

「生でも食べられるよ」

と、気前よく試食させてくれました!そして完食!!!旬のものを畑で食べられることの喜びです。

さらに、その隣のアスパラのハウス!路地で見かけるアスパラの3倍ほどの背丈に成長してます!!

「こんなに!?」

この時期にこれぐらいになっていないと来年いいアスパラが採れないと。。。ヒェ〜です。もはや竹林です。みなさん、アスパラの収穫後の姿に驚かれます。アスパラが株だということも、みなさん感心されます。きっと来年のアスパラシーズンには富良野産のアスパラを手に取っていただけるでしょうか。

前段が長くなりましたが、メロンを堪能していただき、布部大橋から対岸へ、少し坂が続きますが、E-bikeなので多少の坂道でもスイスイと。新富良野プリンスホテルのニングルテラスへ。しばし見学をして今日はここまで〜。

またぜひいらしてくださいね〜、お待ちしております〜!