原毛から糸へ

2017年11月12日

大量にあった、羊たちの原毛。5月に毛刈りした羊たちの毛をようやく洗濯し始めたのが9月。要領も得ないままに、なんとなくで始めたはいいものの、やっぱり羊の油はすごい・・・!調子に乗ってたくさん洗濯網に入れてしまったが故に油が落ちておらず、3時間から4時間かけて洗濯したのに、やり直し。。。することもしばしば。

さらには羊の毛に絡まったゴミがなかなか取れません!!始めの選別の段階で汚れがひどいものはかなり避けましたが、ワラなどの草が絡まった毛をそのまま洗濯したら・・・取れるかな?あまーーーい!!取れるわけがない。

ということで、選別の中からさらに選別しながら、あらかじめ原毛をほぐすようにして大きなゴミなどを振り落とす作業を1行程追加しました。

それらを、洗濯ネットに詰め込みすぎないようにふわっと入れて、発泡スチロールの箱に50度ぐらいのお湯を入れ、何度か濯ぐ。結構すぐに汚れが出てきますね〜

お湯につけること1時間以上。お湯につけることで脂が溶けて取れるのですが、あらかじめほぐさずに洗濯した原毛は、全く脂が落ちていないという感じ。後半、あらかじめほぐしておいた原毛を洗濯したら、これはいい感じに脂が落ちたような感じです。

さらに、シャンプーでつけおき洗い、1時間以上。

さらに、アクロンがないので、普通のソフラン的な柔軟剤で仕上げ洗いをつけおき1時間以上。

この工程を何回やったでしょう・・・。あーーーー大変。さらにこの原毛を毛糸にすると言ったら、さらにカーダーでほぐして、紡いで・・・紡いだ糸同士を2本か3本をまたさらに絡ませてやっと毛糸になる・・・・。

果てしない。いやぁ〜本当に時々見る手作業の毛糸の値段が目ん玉飛び出るぐらいのお値段なのがよくよくよーくわかります。

毛糸で編んだセーター。よく母が編んでくれました。毛糸になるまでに相当な時間とさらにそれを形にするまでの時間。。。すごいことです。頭が下がりっぱなしです。

だから、長く着られるんですね〜。

たまたま、糸紡ぎを趣味にしている友人が!!!いるので、ちょっと紡いでもらいました。糸になってます!!!糸ができてる〜〜〜!すごいわぁ。ほんと、糸紡ぎが趣味の友人ってなかなか貴重です。

羊の原毛、頑張りました。あとは、カーダーでほぐす作業。そのあとは、糸紡ぎ。何か作品ができるのでしょうか??乞うご期待!!(いつになるのかねぇ)