7月8日〜9日で田んぼの草抜きという名の観察会を実施しました〜!


草取りは、ほとんど取る必要がなかったので、観察会と称して、田んぼに住んでいる生き物を観察することに専念できました。ここ数日30度を超えてヤフートップニュースになるぐらいの富良野の猛暑日・・・。 子供達は元気に田んぼの中の生き物探しに没頭していましたね〜。


逆に親御さんの中にも初めて田んぼの中にいる水生昆虫の「ヤゴ」を見て、「これがヤゴ!?」なんて驚きの声も! 


ちょうどオタマジャクシから大人の階段を上っている最中の尻尾がある状態のカエルがいたり! 田んぼの畦と田んぼの縁に生えているセリ科の植物にはアゲハチョウの幼虫もたくさん見られましたよ〜! 


虫が苦手で・・・なんて行っていたお子さんたちもきっと相乗効果?でしょうか、つられてカエルを掴んでいました!(笑) 


9日の観察会では、陸上から稲を観察していると、「あっ!なんか大きなのがいる!」3センチぐらいの足ヒレがついた丸い水生昆虫を見ることができました。捕まえることができなかったので、具体的になんだったのか???? 一瞬でしたが、足ヒレが付いていたのが見えたので・・・ゲンゴロウかもしれませんねぇ。 見たかった〜!


 イトトンボなんかも産卵しにきていました。


 最後は、暑いので水浴び。。。。で2日間の観察会はひとまず終了です。