豪州スキーホリデー「越冬野菜探検隊!&ミツロウキャンドル 体験」

スキーホリデーの滞在中の楽しみ方は、様々です。もちろん、スキーがメインではありますが、吹雪や、体調などによってはスキーオフの日がありますよね〜。豪州、欧州、欧米などからここ数年でたくさんのスキーヤーのお客様が富良野にもお越しになるようになりました。富良野スキー場も時期により、12月アジア、東南アジアの方々のクリスマスホリデー、年越し年始は日本人、正月明けからは豪州、1月2月のベストパウダー時期は欧州、欧米から大勢のパウダーパワースキーヤー達が大勢やって参ります。彼らの悪なきパウダーを想う気持ちには、もちろん共感します。最近の「Japow ジャパウ」はすっかり浸透。ニセコ地区を代表として日本各地がスキーで盛り上がっているところです。

富良野もここ数年で急に開発が進んで新しい宿泊施設が増えて参りました。そんな中、別荘を構える外国人の方も大勢おられます。そんなオーナーの方と古くから知り合いなのですが、ご家族やご友人達が集まるということで、越冬野菜探検隊!と蜜蝋&ミツロウキャンドル 体験に参加していただきました!

初めはどうなることやらと、内心不安だったのですが・・・。豪州も場所により雪がありませんので、越冬野菜を理解していただけるのか??という不安。また今回は大人の方々ばかりだったので、そり遊びやチュービングなんてのはあまり不向きです。果たして楽しんでいただけるのか・・・。

その心配はどうやら、なかったようで、やはりこういった雪国独特の文化、慣習にすこぶる関心が高く、次々と今までにない質問が出て参ります。視点の違いで、お客様の反応が違っていてとても面白いところですね〜!

ランチは、もちろんラコリーナさん特製のソーセージが入った冬野菜たっぷりの越冬キャベツ入りポトフ 。冷えた体を温めていただいて、特製のパンを付添えに美味しく召し上がっていただきました。お一人はベジタリアンということで、スープを完全に分けて野菜と塩、胡椒のみのスープで召し上がっていただきました。それぞれに楽しんでいただけたようです。

そのあとは、蜜蝋&蜜蝋キャンドル作り体験へ。会場のドメーヌレゾン さんでまずは、お茶とフォンダンショコラを楽しんでいただき体を温めて。さぁ、ようこそミツバチの世界へ!

エコツーリズムが最先端の豪州です。こういった体験はむしろ、私たちが彼らから学ぶべきものがたくさんあるのではないかと思いつつ、まずは、ミツロウの実験へ。意外と初の蜜蝋だったようで、楽しく参加していただけました。豪州にもオリジナルのローカルミツバチがいるとのこと。黒くて小さいしかも針を持っていないミツバチだそうです!!!何となんと!!それはミツバチなのか!?と思いますが、蜜を集めてきて、同じような巣を作るとか。。。みてみたい!!

最後は、もちろん、瀬尾養蜂園さんのはちみつテイスティング!豪州と蜜源が違いますので香りや味ももちろん変わります。お馴染みのものもあるかもしれませんが、結構、受けが良いのが・・・蕎麦蜜。不思議ですが意外と外国人の方には蕎麦蜜が受けますねぇ。不思議ですが、食文化の違いで好みがあるようでこれも面白いポイントです!

今日は、本当に一日お付き合いいただきましてありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしております!