ウレシパ◆フラノ 
ツアーレポート 

11月1日、富良野で夏を過ごした(正確には、夏を越したミツバチはいないでしょうが・・・)瀬尾養蜂園さんのミツバチ群の完全お引越し作業がありました。いよいよ、富良野にも冬が来るのか・・・という実感が湧いてくる作業です。昨年もわずかですが、このお引越し作業をお手伝いさせていただきました。一つの巣箱でも、15キロ以上になるでしょうか?そのミツバチ達の状況によって様々ですが、2段重ねの巣箱なんかは30キロにもなります。

秋も深まり、富良野の晴れ間も長続きしません。なので、晴れの日はとっても貴重!!お米の脱穀は終われど、こっちがまだ残ってます!ということで、貴重な晴れの日には外でできる仕事をこなします!

両親は徳島県の出身なのですが、夏休みになると一月ほどずっと田舎で過ごしていました。「神山町(かみやまちょう)」という集落です。近くには焼山寺というお寺があり、お遍路の12番目のお寺です。

お天気がいい日は、青空に紅葉が映えます。秋の空の青が深いこと深いこと。宇宙の色が透けて見えるようなそんなイメージです。そして、広葉樹の葉がまぁ、カラフルですこと!