「ヤギの乳搾り体験」始まりますよ〜!

本日、富良野は晴天なり!そんな日の朝はとっても冷え込みます。雪に反射して照り返しの日差しが目に刺さります。こんな気持ちの良い日には、ドメーヌレゾン さんのヤギ達も体力づくりのためにしばしお外へ出てくる事があります。今日はその日ヤギのお散歩日。という事で、様子を見に行きました。結構お腹がパンパンに張っていてとっても腹が重そうです。そう、現在雌ヤギ達は妊娠中。そして3月には子やぎが誕生する予定です〜!というのも、ドメーヌレゾン さんではこのヤギ達からとったミルクでチーズを作っています。

ヤギのミルクって牛のミルクとどう違うの??

ヤギのミルクに含まれる脂肪球が牛のミルクと比べて6分の1と小さく消化しやすい・・・そのために下痢、便秘になりにくいのだそうです。牛乳を飲んでお腹を壊してしまう方にはヤギミルクがいいそうです。成分的にも、母乳に極めて近い成分が含まれるという事で、母乳の代わりにヤギミルクを与えることも昔にはよくあった話だそうです。

ヤギは、牧草意外にも、草木の皮など様々な植物性のものを餌とします。だから豊富な栄養分を持つミルクができるとのことです。

よく、ヤギのミルクは匂いが・・・、特に年配の子供の頃によく飲んでた〜という方にはそのような印象が強いようです(私のイメージも最初はそうでした!)が、それはやっぱり搾りたてのミルクをいかにスピーディーに処理するか!?ここにポイントがあるようでして、やはり、その処理の仕方でドメーヌレゾン さんのヤギミルクで作ったソフトクリームやヤギのチーズも全く臭くありません。

ソフトクリームは、牛乳のような濃厚さはかけるのですが、さっぱりとした後味で、ソフトクリーム食べたら喉がかわいっちゃった〜なんてことは一切ありません。すっきり、さっぱりしたソフトクリームは私も大好きです。

また、フレッシュチーズ(熟成していないチーズ)も、酸味があるのですがこの酸味がよりすっきりとした切れ味のチーズになっていてとっても美味しいのです。瀬尾養蜂園さんの蜂蜜と一緒に食べるとよりこの酸味と蜂蜜の甘味がお互いの相乗効果になって、素晴らしく美味しいハーモニーが楽しめます〜!

そんな、ドメーヌレゾン さんのヤギ達の出産ラッシュが3月から始まります。ということは、おかぁさんヤギ達の授乳が始まりますので、いよいよヤギチーズ作りのための搾乳が本格稼働しはじます。予定では4月頃の出産が落ち着いた頃から、「ヤギの乳搾り体験」ができるようになります。

ウレシパ・フラノでも準備が出来次第、「ヤギの乳搾り体験」ご案内して参ります。要チェックですよ!