新メニューが登場します〜! 野良窯さんの「落ち葉スタンプ」お皿手作り体験

11月、意外にも忙しい季節です。そんなこんなで、富良野にある窯元「野良窯」さんにご協力を得て、新しい体験メニューをさせていただこうというわけです〜!こちら、ヒントはとあるヘアーサロンにて、雑談の中からヒントをいただき、急げば回れということで?野良窯のお師範にご相談させていただいたところ、快く引き付けていただいたわけでございます!まずは、実践〜!!ということで、早速先日お伺いして実際にプチプチ陶芸体験をさせていただきました。

お手軽な中にも、日頃使わない思考回路を動かすことや、一つのことに集中する事というのは、気分がすこぶる良い物です。指先に集中する、何かを生み出す事、好きですね〜。

センスがあるか、ないか・・・は別の話として、オススメの体験ですね〜。陶芸はやりだすとなかなか凝って2時間の体験が、3時間なんてこともザラです。が、今回は、さらっと体験できる物を、サイクリングの合間に!という事で、ご提案いただいた

「落ち葉スタンプ」お皿手作り体験です!

すでに、粘土や成形はお師範が行ってくれているのですが、お皿のデザインを何か見つけてきて葉っぱでも、お花でも、落ちている「何か」を粘土に押し当てて、記念の名前や日付、あるいは短いメッセージを入れる事で、今日のこの富良野旅路の思い出を作っていただくという物です。

焼き上がりには、乾燥、色付けなど含めて3ヶ月から4ヶ月かかるので、きっと作ったことを忘れてしまっているのですが、お皿が到着すると同時に「あ〜!そういえば作ったよね〜」という事で、改めて富良野の旅の思い出話に花が咲くというわけです〜!

なるほど、自分が作ったお皿がどのように出来上がるのか?という楽しみに加えて、そういうサプライズ的な面白さ、その時の旅の思い出を改めて皆と一緒に振り返りつつ、改めてもう一度リプレインして楽しむことができる!なるほど〜、考え方一つでこんなにも楽しみが増える物なのかと、改めて思い知る今日この頃です。

是非、試してみませんか?あなたのオリジナルのお皿が簡単にできちゃいます〜!