富良野の「そばのはちみつ」

昨日、近くにある人材開発センターで「ファーマーズマーケット」なるものが開催されていたので、行って参りました。そこでは富良野でも6次産業で頑張っておられる農家の方々の製品や、地元の食材を取り入れた地元のスイーツ店、パン屋さんなどを始め富良野緑峰高校「富良野カレンジャー娘」の優秀作品になったスイーツなどの販売が行われ、来場者の方々はそれぞれお目当のものにまっしぐら!会場内では列ができるほど大にぎわいでした。

ウレシパ◆フラノでもメロンめぐりツアーでお世話になっているスイーツ店「パティスリー・トロン」さんが会場内では大忙し!我らが大石農園さんのかぼちゃを使ったスイーツ、黒木農園さんのミニトマトのパンナコッタなど、売り切れ続出!なんとか大石農園さんのかぼちゃのモンブランと富良野市内の農家さんの食材を使ったスイートコーンのブリュレをゲット!うま〜い!

来場者には「白い玉ねぎ」が配布され、皆さん大満足なご様子でした〜。

そして、2018年度からウレシパツアーでご協力いただく瀬尾養蜂園さんのはちみつを使ったフラノビジューのスイーツ、森農園さんの黒にんにくのはちみつ漬け、井上農産さんのそばのはちみつも!!おっと〜!これはゲットじゃぁ〜ということで、「そばのはちみつ」の小瓶をゲット。

今年、ちょうどこの井上農産さんの平沢という地区にある広大なソバ畑で行われた採蜜の見学にお邪魔したところ!あのソバ畑のはちみつです!

そばのはちみつは、アカシアに比べると明らかに色が濃く、採蜜しているそばからなんとなくほろ苦いようなしっかりした香りがします。蜜源によって全く味も匂いも色も全く違います。

はちみつでも「百花蜜」というのがあります。蜜源が一種類ではない色々な種類の花から集められた蜜。ってことは、この「百花蜜」はその蜜が取れたその場所の蜜源となる植生、自然、環境を反映したもの。。。ということなんですよね〜!同じ「百花蜜」でも場所が変わると味も変わるってことですよね〜!もしかしたら同じ場所で取れてもその時期、季節によって2度と同じ味にはならないってことですよね〜!!

「はちみつ」がある食卓。なんだかとってもリッチな気分ですね。富良野の「ソバ畑のはちみつ」、一体どんな味がするのかな〜!?富良野の味ですね〜!!

楽しみです〜!